AQI計算

濃度

物質の種類([ ]括弧内は単位)

説明

本ツールは、大気中のPM2.5の濃度からAQI(Air Quality Index)を計算するツールです。 AQIは空気の質を表す指数で、その数値が高いほど空気が汚染されていることを表します。 空気の状態は下表に記すとおり6段階に分けられており、それぞれ固有の色が割り当てられています。 詳しくは、アメリカ環境保護庁が運営しているサイト「AIRNow」をご覧ください。

AQI状態
0~50良好。
51~100中程度だが許容範囲。
101~150敏感な人は健康に影響が出る可能性がある。
151~200有害。
201~300非常に有害。
301~500緊急事態の警告。危険。

濃度は適当な平均値を入力してください。 一応AIRNowでは、PM2.5とPM10の場合は24時間、SO2とNO2の場合は1時間の平均値となっています。 数値は0.01刻みで入力できます。 SO2などの濃度の単位は、アメリカなどではppbが使用されている場合もありますが、ここでは日本で一般的なppmを使用しています。 1ppmは1,000ppbと同等です。

AQIを求める際に必要なPM2.5の測定値は、環境省が運営しているそらまめ君や、日本気象協会が運営しているPM2.5分布予測といったサイトで確認できます。 参考までにWHOの統計によると、2016年の都市部におけるPM2.5の年間平均濃度は、日本は11.8(μg/m3)となっています。 これはAQIに換算すると38となり、空気が良好な状態にあることが分かります。 また、同様に都市部において中国は51(μg/m3)、世界平均は39.6(μg/m3)となっており、日本は比較的空気が綺麗な状態にあると言えます。

戻る